プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
それはいったい


昨日TV番組でこどもの食の乱れをとりあげていた。
「やはり」野菜がきらわれものらしい。
野菜が嫌いだった経験のないあたしは、「やはり」と
わかっていることであるかのようにいわれても
「なんで」と思うしかないのだが、そんなことは
どうでもよろしい。
番組の中ですごく驚いたことがひとつ。
ある小学校で、野菜を育てて収穫するという取り組みを
はじめたところ、野菜嫌いがなくなったという。
数ヶ月前までピーマン嫌いだった子が、おいしいおいしいって
言いながら食べてる。
それはいったいどういうこと?
なにが起こっているのだ、そこで。
わからない。
わからないがびっくりした。

で、うちでも野菜育ててます。
でも結構貧弱なものも多くて、ひょろひょろのゴーヤを
収穫せずに熟さして破裂させて干からびたら、こうなった。
見ようによったら人魚かなにかのミイラに見えないか。
こういう腐るとかそういう類の現象が見せる形にも、
かなわないなぁと思わされることが度々。


shapes and colors | 2005/12/01(木) 01:02 | Trackback:(0) | Comments:(5)
いのちをもらって食べているって事で
鳥を絞めて食べる授業をしている先生もいるよ。
こっちはちょっとわかる気もする。

好き嫌い、ちょっと位あるほうが人っぽいと思うけど。なんだか、なにがなんでも教育の名の下に
食べさせたいらしいね。
関西人に納豆は体にこんなにいいから食べなさい!って教育したりね。授業でね。

自分で作ってとりたての野菜なら
いのちのエネルギーを感じるから当たり前に
美味しいのじゃないかね、嫌いな子もね。
それでも、嫌い!って言えるとなおいいと思うね。
逆にみんなが嫌いといっているピーマンを
「美味しい!」って堂々食べてる息子くん。
前も言ったけど「こども=野菜嫌い」の公式を
当てはめられて当人は困惑~。
2005/12/01 木 23:28:23 | URL | ひよこまめ #JqaTF6zA編集
3人とも野菜ぎらいでこまったことないからね~。ちっちゃい子なんて味より食べやすさだったりもするし、以外に子供達って野菜食べるとおもうけど。
でも親が嫌いだと子供も嫌いになりやすいとは思う。かくいう我が家もグリンピースだけは登場しない。私がきらいだから。高校時代の学食の三色ベジタブルのトラウマなんだよな~これが。

三男はね~納豆ダメ。はいちゃう。ほかは家族みんな大丈夫なのにな~。自分で作らせるか~?!
2005/12/02 金 08:51:49 | URL | FUMI #-編集
みんなして野菜好きかよ。

>ひよこまめ
やっぱりなんか腑におちないなぁ。
命をいただくとか、お百姓さんに申し訳ないとか、
おかあさんがせっかくつくってくれたのにとか。
そりゃ理屈。食べないときでもわかってはいるのでは?
それに、理屈でたべるのと、おいしいといってたべることの間にはすごい飛躍がある。
自分達が作った野菜を食べる時間みたいなのは
もちろんあるんだろうけど、家でつくってたピーマンと
肉の炒め物のピーマンは、スーパーで買って来た
類でしょ。
グリンピースが食べられないぐらいならほっときゃ
いいと思うけど、好きなものしか食べない(食べさせない)
挙句の果てが、菓子パンだったりカップめんだったりするわけで、
それははっきりおかしい。
「ちゃんとした」食事と「ダメな」食事の明確な境界が
あるわけじゃないのなら、食育もまちがっちゃ
いないと思うな。
だいたいさ、日常的な食材で、そんな食べられないほど不味い
なんてもの本来ないんじゃないのかなー。

>FUMI
そんなに学食のまずかったっけ?
なぜニンジンやコーン嫌いにはならなかったのさ?
納豆は是非作って、HowTo を蓄積して伝授ねがいます。

2005/12/03 土 00:54:02 | URL | こう #Euok.cyE編集
菓子パンとジュース主食にして
血糖値あげてる子にピーマン食べさせたいなら
飢えさせればいいんじゃない。
「飢える」って食育ないのかな。

学校でピーマン植えて、花の形とか写生したり
観察したりして「理科」をやった後
恐怖の白衣栄養士女史の講釈うけて
ピーマンを食べる。
「理屈はわかるけど味はやっぱり嫌い!」
って言いにくいムードがあるんだよね、
食育って。
それと
「正しい食」=「日本の伝統食」=「日本人らしさ」
が「愛国心教育」へと・・・おおおお?

でもまあ、主食がポテチみたいな家族とはまだ知り合ったことが無いので、まだのんきにしていられます。
2005/12/04 日 00:11:58 | URL | ひよこまめ #JqaTF6zA編集
いろんな栄養素をバランスよく摂る。
・・・っていうのは、結果なんじゃないかね。
メシは楽しく食べたい。
食育の現場をしってるわけじゃないけど、
そこらへんのズレは確かに大いにありそうだ。
ズレてるのは、白衣の栄養士だけじゃなくて、学校の
先生ってのが総じてそうだって気もするけど(風呂敷
広げすぎか?)

対照が印象的だったのよ。
そういう「苦しい」先生達が眉間にしわ寄せて困ってる
横でさ、作物を育てたら、キライが美味しいにかわっちゃう
鮮やかさ。
それをコトバで説明しようとすると、命をいただくとか
言う話になっちゃうんだろうけど、実際に身体のなかで
おきてるのはそんな「屁」理屈とはまるで別のことに
違いない。
2005/12/04 日 01:14:21 | URL | こう #Euok.cyE編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。