プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
もう一回聴きたいか
ライブを聴く。
そこで聴いた人たちを、もう一度聴きたいと思うかどうか。

楽しかったか?
楽しければまた、と思うのは当然だろう。
でも、楽しくなくてもまた、と思わせる人たちもいる。

やっている当人達が楽しそうだったか?
これは重要かもしれない。
本当に楽しんでいるのか、楽しそうにしているだけなのか。
けっこうはっきりわかってしまうものである。

こんなふうになりたい、やりたいという思いが強すぎて、
そこに自分達をあてはめていこうというのも
苦しさが付きまとう。
無理せずそこにいるだけでどうしようもなく出てきて
しまうのがその人たちの個性であって、一所懸命「発揮」
するようなもんじゃないだろうというのは常々思う。
理想像に近付こうと言う意欲はかうけれど、
それが自分達のカタチをどこか無理して理想像に沿わせていく
ことになってしまっては、苦しさが出てきても仕方ない。

はじめてラップを聴いた。
ことばを使っているくせに何言ってるかわからないし
わからせようとしているようにも思えないし、黒人の
まねしたって、絶対黒人にはなれないし、かっこわるいと
思っていた。
最初のうちはその枠の中だったと思う。
途中から違ってきた。
初めは客の反応も今一つだったが、そんなことお構い無しに
自分達が勝手にノッてきたら、客の反応も変わった、そんな
感じだった。
自分達で自分達の音楽にノれてしまう。
それは楽しいし無理がないし強い。

たいばんで入っていた別のバンドにもすこし
考えさせられてしまった。
メンバーには名の通ったひともいて、メインで聴きにいった
人が楽しみにしていたので、どんなものか期待していた。
けれど、である。
客が期待するものにしっかり答えるのは力がなければ
できないことに違いない。
けれど、うけるぞと待ち構えている客に、期待する通りの
くすぐりをいれて、はい、うけましたなんていう予定調和の
世界は、つまらなくはないとしても、もう一回聴きたいという
原動力にはまるでならない。
まして、そのネタが音楽以外のものだったらなおさらである。
音に関しても手練でうまいけれど、ただそれだけのこと。
安定して余裕があるとも言えるが、それは停滞とも紙一重で、
音楽がもっているパワーとかスリルとかドキドキとかからは
ずいぶんと遠い。

きりがないことだ。
でもだからこそ楽しいしやりがいもある。
メインでいったひとたちは今回は今一つの出来だったけど
一回一回の出来不出来は、言っても甲斐のないことかもしれない。
ひとつひとつの弾く機会を大事にして、次につなげていって
ほしいと思う。


未分類 | 2007/01/27(土) 22:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。