プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
TAP2006

ひとつプアなクッションがはさまれましたが、
なんとなくの続き物。

取手あーとぷろじぇくと2006。
よくは知らないけれど、おそらく芸大が取手にキャンパスを
つくったのを機に、アートで町おこしをということで
始めたものではないかと思う。
仕事でいっしょになったことがある院生の子から
話は聞いていたが、ほんとになんにもないところだった。

メイン開場は↑
すごいよね、終末処理場って。
これ、行政上の正式な名称だったわけでしょ。シュールだ。
ほんとはみたところ、汚水の末端処理施設のようです。

今年はこれにヤノベケンジが絡んでいるというのを聞きつけて
行ってみたのだった。
ヤノベケンジをしったのはもうはるか昔、キリンの公募展の
展覧会だった。
忘れられない、アトムカー。

他にもいろいろ作品はあるけれど、みんな「きちんと
つくってある」感があるところも好きです。
下のXマンの人も、そういうところあるかもしれない。

今回も何点か出してたけど、シンボリックなものと
しては、これでしょうか。
20061205232828.jpg Flora

エンディングのイベントの進行は不味いところがあったと
思うし、TAP自体がそれほどうまく機能してない印象を
受けたけど、でもひとつ思ったのは、セレクションの
重要性。
クオリティーを確保するにはやはり必要なのかな。
その意味では、なかなかよかったんではないかと。

しかし足の便がわるいよー。
駅からメイン開場までの送迎は、芸大の学バスとゴルフ場の
マイクロバス2台だった。
帰りは人乗り切れずにあふれていたよ。

もう一点。
水槽の壁面の汚れを掻き落として描いた壁画と、
掻きおとした汚れで描いた地面画(?)
20061205232753.jpg


日々徒然 | 2006/12/11(月) 23:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。