プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
天麩羅


今日はお誘いいただいて、天麩羅をいただきました。

誘ってくださった方は常連さんで、話を聞いていて
いきたいなーいきたいなーと言っていたら、実現しました(笑)

今日のメインは落鮎と松茸。
松茸を頭から丸かじりなんて、随分贅沢なことを
してしまいましたが、よかったんでしょうか。
ジュウシィな松茸、ってのは想像外でした。

感心したのは車えびの「レア」
ぴんぴん跳ねてるえびを目の前で揚げてくれるのですが、
中まで火を通さない。でもしっかり温まってる。
芯の部分はほとんど生で、言ってみればお刺身と天麩羅の
中間という感じなんですが、あれで芯が冷たかったら
台無しです。そこらへんのコントロールがすごい。

ホタテも、ピンと指ではじくとぐにぃっと動く。
あんなのは初めてみました。

でも、トータルとしてみたらどうだろうという疑問符がつく。
衣の按配とか。
ネタの種類のバランスとか。
穴子はくさかったし。

前に一度とってもおいしかったところがあって、
そこに行った時の感激には全然及ばないなというのが実際。
天麩羅にもいろいろ流儀があるのかもしれないし、
一回だけでどうこういうのもなんだとはおもうけれども。

首をかしげつつ、帰りに三井記念美術館で楽焼を見る。
楽茶碗も何度見ても不思議で面白い。
「充実した形」の面白さを実感させてくれます。
中国の青磁みたいな張りつめた緊張感はないのだけど、
やわらかいなかにもやはり緩みを許さないデリケートな
バランスがあって、見ていて気持ちいい。

写真はその帰り道。
多分タイルの浮きを、接着剤のようなものを流し込んで
補強してるんだと思う。
いいかげんなおっつけ工事をすると、あとが大変だねー
と言う例。
構造がやばい事例があったばかりなんで、タイルぐらい
かわいいものだと思ってしまう。
タイルだけですむんならだけど。
おぉ、怖い。

日々徒然 | 2006/09/17(日) 01:02 | Trackback:(0) | Comments:(2)
もう壊してるよ。例の構造に欠陥のあるヤツ。
私らの税金で。
通学路だし。
今度となりに立ってるマンションのお宅から
見てみようっと。
2006/09/17 日 01:17:01 | URL | ひよこまめ #M2dX3iR6編集
壊せるところ、補強ですむところなんかましなほう
なんじゃないの。
建て替えも住み替えもままならないとこもあるんでしょ?
これにはもっとシビアな話があって。
話す機会があるかも、ないかも。
2006/09/17 日 23:15:39 | URL | こう #Euok.cyE編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。