プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
紙をつかう知恵


わかりにくいかもしれませんが。
古い和書です。
画像まんなからへん、ぽちっとあるのわかるでしょうか?

こよりです。
こよりを通して結んであるのは見たことありましたが
こんなのははじめてです。

たぶん、通した後、両端を広げてつぶしただけです。
糊もはいっていないと思います。

これがゆるんでない。
がっちりとまって、はずすのが難しいぐらい。

しびれてしまうのは、綴じなおした形跡がないこと。
なかに天文年間の記述があります。
もしかして、・・・500年ぐらいこのまんま?
いや、わかんないけど。
綴じなおして周りを少し裁ち落としてるかもしれないし。
いや、でも、もしかしたら。

知恵ですよね。

プラスチック文明が薄っぺらに思えます。
大きなものを失くしてきてるなとも思います。
日々徒然 | 2006/09/08(金) 01:01 | Trackback:(0) | Comments:(5)
今日ねえ、81才のおじいちゃんにリサイクルおもちゃの作り方を教わった。ストローの6cmのところにまとめて印をつける便利な道具を手作りしてきたおじいちゃんが自慢げにいわく「こういうものを治具といいます。ゲージともいいますな。今の人たちはこういうものを工夫することをしなくなりました。コンピューターに記録してやらせとります。ぜひ子供達にはこういうことを教えて下さい。」う~ん、これを聞いて感じ入ったのはたぶん私だけ(じいちゃん、ちょっと自慢げすぎだったし)。
こう、このじいちゃんと感性シンクロしてない?(^^)。
ところで治具って辞書にはないけど(私の覚え間違いか?)、知ってる言葉?
2006/09/08 金 20:55:01 | URL | FUMI #-編集
ん十年後の姿かよ。
いやほんと、つくづく感心するって。
ちゃんとモノの性質をわかってるってこと。

治具(冶具)。じぐ。
あんま使いはしないけど、しってるよ。
ググッても、いっぱいでてくるでよー。
2006/09/08 金 23:12:58 | URL | こう #Euok.cyE編集
製版所のおかみでやんす。
和綴じの方法で、ぴったりのこよりを
千枚通しであけた穴に入れ込み
両端を断ち切ってとんとん。
今でも最初に本文だけ綴じるときに使う方法だよ。
私はこよりもへたくそなんで糊入れちゃいますが
入れないほうがいいというのは作っていて
しみじみ感じます。
こういう仕事を通して、時空の軸の一点で
バランスを取るのだ。詳しくはアテナで。
2006/09/09 土 00:17:20 | URL | ひよこまめ #M2dX3iR6編集
これを見たあとで、穴をふたつあけてこより通して
結んであるのを見ると、ちょっとやぼに見える。

そうなんだよね。
こんなこより撚れないぞと、はずしながら思っていた。
でもつくらなきゃ。
練習します。

アテナのどこ?
文化辞典のことかな?
2006/09/09 土 00:40:16 | URL | こう #Euok.cyE編集
どこでそんな和綴じの実地訓練などしておるのだ?
上手の手元をみてみたいもんだ。
2006/09/09 土 09:53:50 | URL | こう #Euok.cyE編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。