プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
光の魔術師
インゴマウラー展を見に、オペラシティのギャラリーへゆく。

光の魔術師というタイトルとポスター、そしてオペラシティだということ
(ここのギャラリーはけっこう気に入ってる)で前から気になっていたのだが
のびのびになっていたのだった。

彼のことを以前からしっていたわけではない。
けれど展示品を見たら、あ、これこの人のなんだというものがちらほら。

青白色のLEDを星のように透明なガラスに埋込んだテーブルとベンチが眼をひいた。
どうやってひからせてるんだろう?
配線が見えない。ガラスが3層重ねてあってなにかはさんであるのはわかるけど。

ところどころに傘の径が3mか4mはあろうかというような大きな天井灯が
さがっている。こういうおおらかなボリュームのあるものはすきだな。
でも多分見に来ている人の多くは、あんまり意識していないだろうな。

一番!だったのは swinging bulb というインスタレーション。
小部屋の床や壁面にいろいろな形の突起がつけられていて、
天井から釣り下げられた電球が揺れるのにあわせて、影の形が変化する。
照明と空間の関係を簡潔に切り取ってみせていて、印象的だった。

でも全体としてはインパクトに欠けたかなぁ。。。

インパクトと言う点ではこっちのが大きいかも。
オペラシティを出てすぐのところで、首都高の初台ジャンクションの
工事を今やっている。
尻切れとんぼなんではなくて、つくりかけ。



shapes and colors | 2006/09/07(木) 00:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。