プロフィール

こう

Author:こう
頭で考えるよりも
眼でみるよりも
身体の声を
きいてみたい

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
余ったもの


去年収穫して、なんていうとなんだか大げさだが、
はやしてあそんだ末にとれたサツマイモのうちで
一番大きなやつ。
赤ん坊の頭ぐらいあったもんで使いづらくてそのまま
ほったらかしてあった。
しかしさすがにいい加減つかわないと、ダメになってしまう
のではないかということで、しょうがない、大き目の
賽の目に切って、ただ蒸した。
美味いんだなそれが。
蒸し加減をみながらつまみ食いしてると、つまみ食いという
行為に付きまとうちょっとした後ろめたさがちょうどいい
アクセントになって、更においしい。
つまみ食いぐらいでは無くなりはしないということが
はっきりしたうえに冷めたら、なんだかおいしくなかったり
する。

つまみ食いでへったのは、多めにみても1/5ぐらい。
さて、残りの運命は?

今日やっていたTV番組。
「好きなものだけ食べる」食生活が子供の身体に異変を
起こしているという。
その中で改めて興味を引かれることがあった。
改めてというのは、以前やった別の番組の使いまわしだった
からだが、子供に野菜を育てさせそれを給食につかうことで、
食べ残しがほとんど無くなった例が紹介されていた。
子供にしゃべらせると、「せっかく作ってくれたのに
もったいない」とか、それぐらいの言葉しかでてきて
いなかったが、多分そんなことではないような気がする。
じゃぁ、なんなのかって?
それは、育ててみるべし。

日々徒然 | 2006/06/04(日) 23:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。